シミ取りクリーム

シミ取りクリームはコスパが高いプチプラのクリームが人気!

 

シミ取りクリームは、プチプラで人気&口コミが多いコスパの高いフェイスクリームがおすすめです。

シミに効く美白有効成分ハイドロキノンが配合されたシミ取りクリームは美白化粧品ランキングでも上位を独占していて、シミへの効果が期待でき値段も手ごろです。

そんなコスパの高いシミ取りクリームを紹介します。

 

シミ取りクリームをコスパで選ぶポイント1:美白成分配合で「シミ+美肌」でコスパが高いクリームを選ぶ

 

シミ取りクリームを安さで選ぶポイントとして美白成分が配合されているクリームを選ぶことが重要です。

シミ取りクリームでは「アルブチン・トラネキサム酸・ハイドロキノン」など成分がありますが、

その中で「ハイドロキノン」が配合されたものを選んでください。

また美肌成分も配合されているクリームを利用することで、シミを取りながら美肌になれるシミ取りクリームがコスパが高くおすすめです。

美肌を作るのは、「肌のうるおい」「肌の保湿」が重要な点です。

きめ細かな肌をつくるためには、肌の奥へ栄養を届けて潤いのある状態を作る必要があります。

また、潤いを閉じ込めるための保湿も併せて行う必要があるので、この2つの成分が配合されているものもポイントとして重要です。

選ぶ成分としては「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「スクワラン」が配合されているクリームがコスパが高くおすすめです。

 

ハイドロキノン

シミ取りクリームの中でも一番重要な成分とも言えます。

一般的な美白成分の100倍の美白効果がある成分で、厚生労働省にも効果を認められている成分です。

シミには様々な種類がありますが、多くの種類のシミにも対応しており、高い効果があります。

ハイドロキノンは、不安定なせいぶんであり、空気に触れると成分が劣化したり、紫外線を吸収すると成分が変化してシミの原因や肌の炎症を引き起こすということもあります。

しかし、近年では改良された「Qusomeハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」といった、肌への刺激が弱く、成分劣化や紫外線に強いハイドロキノンが開発されており、シミ取りクリームに配合されています。

ハイドロキノンの中でも改良された成分が配合されたシミ取りクリームを選ぶことがおすすめです。

 

ビタミンc誘導体

ビタミンC誘導体は、簡単に言ってしまうと、細かなビタミンCです。

通常のビタミンCというのは、肌に塗っても肌を通過して肌の奥に浸透するということはありません。

そんなビタミンCを改良して作られたのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体を使うと、肌の奥までビタミンCが浸透していきます。

浸透したビタミンCは、肌に栄養を与えるほか、シミの原因であるメラニンの生成を抑制することができます。

また、肌の新陳代謝を促進する作用あり、メラニンを肌の外に排出する働きも持っています。

使用することでシミができにくい肌環境を作りながら、シミを外に追いやることができる成分です。

シミ以外にも、よい効果があり油肌やニキビ肌改善する働きもあります。

 

スクワラン

スクワランは人間の皮脂に近い構造のクリームです。

天然の保湿成分で、副作用やアレルギーがとても少ない成分です。

人間の皮脂に近いので、使うとすぐに体に浸透するので、保湿力がとても高く肌を乾燥から防ぐほか、小じわを目立ちにくくしたり毛穴が目立ちにくくなります。

シミ取りクリームはハイドロキノンによりシミを取るのですが、ハイドロキノンは肌に刺激がある成分でもあるので、その炎症を抑えるのにも、スクワランは重要な役割をしています。

また使ってみるとすぐにわかるのですが、塗るとすぐに溶けるように浸透していくので、塗った部分がべたつきません。

塗ることで肌の奥まで浸透肌を柔らかくして持ち肌を作り、若い肌を作ることができる重要な成分なのがスクワランです。

シミ取りクリームを安さで選ぶポイント2:定期購入で割引や特典がついて継続的に利用できる

 

シミ取りクリームは、繰り返し使うことで効果が出てくるので、3か月から6か月ほどは継続することが大事です。

しかし、継続したくてもシミ取りクリームの値段が高かったり商品が使い終わるたびに注文するという形では、シミ取りクリームの利用継続が難しく途中で挫折する方が多くなります。

そこで、ぜひ選ぶポイントとして覚えてもらいたいのが、シミ取りクリームを定期購入ができるメーカーを選ぶことです。

シミ取りクリームを定期購入をすることで割引や特典などが用意されている事が多いです。

定期購入することで、途中でシミ取りクリームがなくなってきても自動的に届くので継続して利用することができます。

さらに継続すればするほど安く購入できたり特典が付けばお財布にも優しく利用できシミを薄くしてきれいな肌を作る事ができるので重要なポイントです。

シミ取りクリームを安さで選ぶポイント3:送料無料のトライアルセットで自分の肌に合うか試すことが出来る

シミ取りクリームを安さで選ぶポイントとして挙げるのが、送料無料でトライアルセットが試せる製品であるということがポイントです。

これは自社の製品を自信をもっておすすめできるという意思でもありますが、お客様に良さを体感してもらいたいという目線を持ったメーカーであるということです。

またトライアルセットが用意されているのも同様に製品品質の自信と、お客様自体が気軽に商品を利用して気に入ってもらいたいという考えでもあります。

また使う側も、正規の金額を出して、商品が合わなかったら気持ちが落ち込むし製品に悪い印象しか持たないし、無駄な出費になります。

このように送料無料でトライアルセットが用意されているメーカーのシミ取りクリームがおすすめです。

シミ取りクリームはコスパを!千円台でお試しができる人気クリームでシミ対策を!

 

シミ取りクリームを購入するときには、高いクリームが必ずいいものであるわけでなく、安いくてもよいというわけではありません。

成分を見てコスパの高い商品を選ぶことが重要です。

おすすめランキングなどを見ると、「ビーグレン」「Sibody」「アンプルール」などが上位に入っています。

これらは、コスパがとても高い商品で、値段も購入しやすい金額になっています。

また千円台でお試しで実際にシミ取りクリームやスキンケアセットを利用することができるので、実際に商品の良さを知ることができます。

シミ取りクリームはシミ対策としてハイドロキノンが配合されているのはもちろんですが、美肌と美白もできる成分が配合されている製品がコスパが高く人気です。

上記で、上げたメーカーの製品は価格帯もほとんど同じで高品質でコスパが高いのでトライアルセットを試してぜひ、自分に合ったクリームを見つけてみてシミ対策をしてもらいたいと思います。

 

シミ取りクリームのコスパはテレビショッピングではなくネット通販のクリームがおすすめ

 

シミ取りクリームを購入する際に、テレビ番組などで特定のシミ取りクリームがシミ対策として取り上げられていたら、つい購入したくなると思います。

しかしテレビショッピングなどで取り上げられているシミ取りクリームよりもネット通販だけで販売されているシミ取りクリームのほうが、同じ安い値段であってもおすすめです。

それは、商品の品質にかける金額が変わっていくという点があるためです。

テレビで紹介された情報やCM[などは莫大な広告費がかかりますが、インターネットを使った広告であると、その数百分の1程度のコストで済みます。

その分、成分を高品質にすることで、質の高いシミ取りクリームを作ることができます。

このような点で、テレビで放送された話題のクリームよりネット通販のクリームがおすすめできます。

 

シミ取りクリームの値段とnhkが取り上げたクリームは肌再生で顔のシミを美肌に!

 

NHKの「あさいち」でシミ取りの情報が取り上げられました。

そのシミ取りクリームというのは、「トレチノイン」という成分です。

トレチノインは、肌のターンオーバー(肌再生)を促進することで顔のをシミを浮かせてシミを取り美肌にする成分です。

トレチノインは、皮膚科で診断をして処方してもらうことがほとんどで、実際にに利用を考えても皮膚科を通した方が好ましいです。

値段は、2000円前後で皮膚科やクリニックにより異なります。

また肌への刺激が強いクリームでもあるので、肌が赤くなって表皮が剥けていきます。

この際の刺激や副作用を考えると皮膚科を通した方が好ましいと思います。

また別途ハイドロキノンと併用してシミを取るという方法もあります。

 

ためしてガッテンでシミ取りクリームが紹介されたのは事実ではない?

ためしてガッテンという番組でシミ取りクリームが紹介されたということでインターネットで調べると様々な宣伝広告などが出てきます。

しかし実際には、ためしてガッテンで紹介されたシミ取りクリームは存在しません。

また番組内でシミ取りについての話は出てもないのが事実です。

またシミ取りクリームの成分についての話もなくハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体についての話についても一切話はありません。

話として出たのが、クレンジングなどで肌を強くこすり続けるとシミの原因になるという話が合ったというのだけです。

テレビにでたという話は魅力的ではありますが、そのようなクリームはないので気を付けてください。

 

シミ取りクリームが ホンマでっかで放送されコスパと効果あると口コミがあるが真実は?

シミ取りクリームがほんまでっかTVという番組の内容で放送されたということで、インターネットでも取り上げられていますが、実際のところ口コミなどの真実はどうなのでしょうか?

まずシミ取りクリームとして取り上げられたのは、「アルバニアホワイトクリーム」という製品です。

実際に、番組を見ましたが、一切そのような発言や記載はありませんでした。

また効果があり安いなどの話もありましたが、成分として出ているのはトラネキサム酸

グリチルレチン酸ステアリルになります。

肝斑というシミには効果がありますが、シミがはがれるという謳い文句とは、まったくの違います。

インターネットの広告で過剰に利用しているだけで、実際のところ、宣伝のような強い効果があるクリームではありません。

シミ取りクリームのアルバニアはシミへの効果を考えると安いのか?

シミ取りクリームで「アルバニアホワイトクリーム」という商品が出てきます。

テレビなどで取り上げられたなど、謳い文句も出てきたりもしますが、実際にはテレビに出ていないので一部の宣伝が過剰になっています。

さて、このアルバニアはシミ取りクリームとしての効果を考えると安いのでしょうか?

アルバニアは、購入すると送料合わせて4600円の別途税になります。

なかなかの金額ですが、成分は「トラネキサム酸」になっています。

このトラネキサム酸は肝斑のようなシミには効果がありますが、それ以外のシミには効果は、ほとんど見られません。

また使用しても効果が出るまで多くの時間を必要とします。

同じ金額を考えるのであれば、ハイドロキノンが主体となっているシミ取りクリームを選んだほうが、安上がりです。

 

シミ取りクリームはコスパだけでなく通販で人気のハイドロキノン配合が美白におすすめ

 

シミ取りクリームは、安さだけで選んではいけません。

通販サイトなどを見てみると、値段は安いが美白成分が全く配合されていない商品もあります。

しかしシミそばかすを薄くするという記載があり、怪しいものがたくさんあります。

またハイドロキノン配合と記載はあるものの、配合濃度の記載がないシミ取りクリームもあります。

こういった商品を使っても顔のシミそばかすに効果があるか疑わしいものもあり、アンチエイジングなど美容におすすめすることができません。

ハイドロキノンは人気の成分ですが、やはり信用できる製品を利用することが おすすめです。

通販で選ぶなら、公式サイトで購入する方が、安心ですし安く継続的に購入することができるのでお勧めです。

ビーグレンやSibodyやアンプルールなどは、トライアルセットも用意されているので安心して利用することができます。

 

シミ取りクリームは楽天のコスパ人気商品が高濃度だけど美白クリームとして注意が必要?

 

日本最大級のネットショッピングサイトである楽天では、シミ取りクリームを検索すると数多く出てきます。

また、人気商品を見ると値段が安くハイドロキノンが高濃度な美白クリームが購入することができます。

ハイドロキノンは、高濃度だと、効果が高いのですが、その分、肌への刺激が強いので、赤みや腫れ、痛み、場合によっては白斑などの症状が出ることがあります。

また、安いのですが、成分の品質を考えるとさほど高品質でない可能性があり副作用がおこるかもしれません。

購入するのであれば、安心できるだけのデータやレビューなどが書かれたものがおすすめです。

またそのレビューや口コミの数も多く存在しているものが良いです。

さらに楽天の安いシミ取りクリームの中には成分に美白効果ないものもあるのでよく調べてから購入することがおすすめです。

お悩みの方は、ビーグレンなど3000件以上のレビューがありながらほとんどが満足するレビューを書いているシミ取りクリームをおすすめします。

 

ハイドロキノン配合の化粧品は安いが日中の紫外線に注意!

 

ハイドロキノン配合の化粧品というのは、便利に使うことができます。

シミ取りクリームの場合、お風呂上りや翌朝のスキンケアや化粧前などに利用する事になるので、人によってはその手間が面倒だと感じることもあります。

しかし、化粧品に配合されている場合には、いつものスキンケアと同じようにできるので手間ではありません。

しかし、ハイドロキノンは日中の紫外線を気を付ける必要があります。

ハイドロキノンは紫外線を浴びると吸収して成分が変化して肌が炎症することが多いです。

そのため日中は洗顔をしてしっかりとハイドロキノンを洗い流す必要があります。

もともとの利用も夜1回の使用となっているので、あまり日中の使用は進めていません。

また使用中は、日焼け止めを利用して紫外線対策を行う必要があります。

 

ニッセンのシミ取りクリームはコスパは良いがシミそばかすの生成は止めれない?

 

日本の中でも老舗大手の通信販売会社であるニッセンでは、シミ取りクリームを出しています。

ニッセンは、通信販売も行っていますが、高品質で安く購入することができるので人気です。

さて、ニッセンで取り扱っているシミ取りクリームは「シミレス」「シミスル」という商品です。

成分を見てみると、プラセンタが成分として配合されています。

またスクワランも配合されており、シミ取りをメインにした成分というよりも、保湿成分やアンチエイジングを意識した成分になっています。

そのため、ニッセンで販売されているシミ取りクリームは価格的にも安くお買い得ではありますが、購入については、アンチエイジングとしては良いですが、シミ取りにはお勧めできません。

シミ取りクリームはアマゾンのコスパは?美白クリームはシミそばかすのシミ取りはできる?

 

シミ取りクリームをamazon(アマゾン)で検索をするといろいろなクリームが出てきます。

値段が安いからと、適当に美白クリームを選んでしまうと、シミやそばかすのシミ取りができないことがあるので注意が必要です。

シミ取りクリームはアマゾンの中でもいろいろな意味があり、シミ除去の効果のあるものから顔の美白をするホワイトニングクリームとしての使い方があります。

アマゾンで注文をすると、お急ぎ便や通常配送無料などで、つい購入してしまいますが、よく成分をみて購入しないと安くても損をしてしまいます。

またアマゾンで購入するよりもシミ取りクリームの公式サイトで購入したほうが、効果があり安く購入することができるクリームも多いです。

アマゾンは、手軽に注文ができるのですがシミ取りクリームの専門的なサイトではないので、ビーグレン、sibodyやアンプルールなどシミ取りクリームを専門に製造している公式ページからの注文が安心で安く購入可能です。

 

シミ取りクリームの値段は薬用クリームがお買い得?

シミ取りクリームを選ぶ際に、薬用クリームで値段がお買い得なものを選ぶというのはあまりよい選択ではありません。

シミ取りクリームは、薬用であるからと言って成分が良いわけではありません。

そのため、購入して利用してみたが、全然効果が出なかったということがあります。

中には美白に効果のある成分が配合されていないということもあります。

シミに効果のある成分というのは「ハイドロキノン、アルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体」などがありますが、その中でもハイドロキノンが配合されれているのが、一番効果があります。

インターネットを見ると様々な成分に対して良い文面が書かれているのですが、まず見るべきはハイドロキノンが配合されているのかどうかです。

また、濃度も重要で4%配合されているものは特に、効果が見込めます。

またビーグレンのQusomeハイドロキノンの場合2%の濃度でありながら、効果は4%もある成分なので低刺激で副作用が少なく、効果が高いクリームなので特におすすめです。

 

シミ取りクリームは市販のコスパ商品の中でも有効成分配合で送料無料を選ぼう

 

シミ取りクリームは市販でも購入することができますが、商品の中でも美白有効成分が配合されている製品を選ぶ事が大事です。

値段も安いものもありますが商品の中でもハイドロキノンが配合されている商品を選ぶことが重要です。

またほかにも成分として「ビタミンC誘導体」や「スクワラン」のように肌の奥から肌を潤いをもたらして、肌を保湿する成分が配合されているシミ取りクリームが良いです。

インターネットでは、公式サイトでの購入が安く購入することができ、しかも配送料が無料で購入することができたり、定期便などで割引や特典が付いてくるものもあるので、選ぶ際には成分と配送が無料なのと割引がなどの特典があるのか知ることが重要です。

 

シミ取りクリームの値段は店頭が安い?それともインターネット?

シミ取りクリームを購入する際に気になるのは値段だと思います。

効果の同じ成分が配合されているのならなおさら金額安い商品を選ぶのではないでしょうか?

さて、皮膚科のような店頭で購入するシミ取りクリームとインターネットではどちらが値段として安いのでしょうか?

シミ取りクリームの成分はハイドロキノンであり、どちらも同じです。

しかし、インターネットの場合、改良されたハイドロキノンが配合されており、ビーグレンのQusomeハイドロキノンやSibodyの安定型ハイドロキノンなど、従来よりも安全性が高く低刺激な成分が配合されています。

値段としては皮膚科の店頭でのほうが多少安いかもしれませんが、副作用のリスクなどがあります。

一方、インターネットでは改良された成分が配合されているほか、肌に良い成分も配合されているので、多少値段は上がりますが、絶対にインターネットで購入したほうがお得と言えます。

 

シミ取りクリームなら予約なしで通う必要なく利用することができる。

シミを取る方法として2種類あり「シミ取りクリーム」を利用する方法と「シミ取りレーザー」を利用する方法です。

シミ取りレーザーを使用する場合には、予約をする必要があり、手間がかかります。

しかもシミ取りレーザーは、必ず1度のレーザー照射でシミが取り切れるわけではないんです。

また照射跡は、かさぶたのように赤くはれて1週間程度ではがれるようになりますが、その間照射跡に絆創膏などはる必要あります。

あまり人を気にしない場合には良いかもしれませんが、1週間もそのような状態続くとなるとなかなかレーザーに踏み込めない方もいるのではないでしょうか?

また予約をするのが億劫な方もいるのでなかなかづつけていくことが難しいということもあります。

値段も考えると高額になるのでなおさらだと思います。

しかし、シミ取りクリームであれば、定期便で家に届いてレーザーに比べても数倍安く利用することができます。

一目が気になる方は、シミ取りクリームの定期便を利用してみてはいかがでしょうか?

 

シミ取りクリームは薬局ではなくハイドロキノン配合でコスパと美白効果のある製品が選び方!

 

薬局など、自分の家の身近でシミ取りクリームを購入することができます。

しかし、一般の美白成分の中でも100倍以上もの効果が見込める成分ハイドロキノンが配合されたクリームというのは購入することが難しいです。

中には、取り扱っている店舗もあるかと思いますが、数がとても少ないです。

しかし現在では、インターネットを使ってシミ取りクリームを注文することができ、ハイドロキノン配合のクリームも家にいながら届くようになりました。

また、インターネットで公式より直接購入すると、割引や定期便なども用意されていて継続的にシミ対策を続けることができるのでおすすめです。

皮膚科でもハイドロキノンクリームを処方してもらうこともできるのですが、皮膚科に行く必要もあり、仕事や家庭の状況によって、定期的にもらいに行くことができない方もいると思います。

そういった方には、薬局や皮膚科よりもインターネットの公式サイトでの定期便の利用をおすすめします。

 

シミ取りクリームでハイドロキノン配合はドラッグストアでは買えない?

シミ取りクリームはハイドロキノンが配合されたものが一番効果が高くコスパが高いです。

これが、自分の身近なドラッグストアで購入することができれば、手軽だし継続しやすいのではないでしょうか?

しかし、店内を探してもハイドロキノンが配合されているシミ取りクリームがありません。

美白成分として配合されているのは、「アルブチン・ビタミンC誘導体・トラネキサム酸」などです。

ハイドロキノンは、成分が不安定で副作用の可能性もあるので、店舗で販売するにはリスクがあるので、あまり置かない可能性があります。

また厚生労働省でも化粧品には2%までの濃度の上限を設けているので、皮膚科やネットで販売されている商品の方が、高濃度の製品が買えるため取り扱わないのかもしれません。

 

シミ取りクリームでマツキヨで購入出来る値段の安いクリームとは?

マツキヨと言えば、ドラッグストアでも大手の1つの会社です。

店舗販売から、今では公式でネット販売も行っています。

さて、このマツキヨで購入できるシミ取りクリームですが、値段自体はとても安いです。

金額は1000円~2000円程度で購入ができます。

これらに含まれている成分は、「ビタミンC誘導体」う「アルブチン」のような成分です。

特に人気なのは「ケシミン」「メラノCC」というクリームです。

成分としてはシミに効果がありますが、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームと比べてしまうとあまり高い効果は期待できないのが事実です。

どうせ購入するのなら、返品が可能で効果があり長く使えるクリームではないでしょうか?

またビーグレンなどトライアルセットがあり実際にクリームを使うことができます。

ぜひ、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームを実際に使って良さを体感してもらいたいと思います。

 

シミ取りクリームと「ニベアクリーム」が呼ばれているがその真相は?

ニベアクリームを使ってシミがなくなったという方がいるということですが、実際にそのようなことがあるのでしょうか?その真相について触れて見たいと思います。

ニベアクリームというと、ハンドクリームとして使われることが多く青い色の缶に入ったクリームということで、多くの方がご存知かと思います。

さて、ニベアクリームの成分を見てみると、ワセリンやグリセリンが主成分となっています。

簡単に言ってしまうと、油が成分ということになります。

効果としても、油なので、「保湿」が効果になります。

さて、シミ自体に効果があるかというと、正直この成分ではシミに効果はないといえます。

噂としてあるのが、「シズカゲル」というオールインワンジェルと混ぜて使うとシミが目立ちにくくなるということです。

しかし、成分を見てもシミに効果があるとは思えないので、この話についてはあまり信じない方が良いと思います。

 

シミ取りクリーム「 小林製薬ケシミンEX」

製薬会社である小林製薬ではシミ取りクリームとして「ケシミン」と「ケシミンEX」というシミ取りクリームを製造しています。

その中でもシミへの効果がある成分が配合されている「ケシミンEX」です。

こちらで注目されるシミに対応する美白成分というのが、「アルブチン」「ビタミンC誘導体」です。

アルブチンは、美白成分で一番効果のあるハイドロキノンに似た成分で、副作用が起こりにくい成分です。

しかし安全性は高い分、効果はハイドロキノンよりも低いのが現状です。

アルブチンは、シミに原因のメラニンを分解して除去する働きがあります。

ビタミンC誘導体は、肌の奥まで浸透して、肌にうるおいを持たせる他、メラニン色素の生成を止める役割を持っています。

金額は1500円前後と、様々なシミ取りクリームを考えても金額は安いといえます。

しかし、アルブチンやビタミンC誘導体の配合量などを考えると、ネットで販売されているハイドロキノンを利用したほうが、より効率的に美肌とシミを薄くするという点で良いかと思います。

 

シミ取りクリーム 資生堂のHAKUメラノフォーカスV

有名化粧品メーカーでもある資生堂もシミ取りクリームを出しておりそれいが「HAKUメラノフォーカスV」というクリームです。

これは資生堂独自の成分が配合されています。

「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」という、メラニンを肌の外に排出する成分と「トラネキサム酸」という肝斑に作用する成分が配合されています。

実際に、厚生労働省も認可している効果がある成分なので利用してシミへの効果は期待できます。

成分的にも効果ありますが、ハイドロキノンと比べると効果は落ちる可能性があります。

また金額は約9000円ということで、国内メーカーなので信頼度は高いですが、その分値段が高いので継続して利用するのは、限られた方になってしまうかもしれません。

 

シミ取りクリーム「ポーラ ホワイトショット」

市販のシミ取りクリームとして人気が高いのが、ポーラPOLAの題しているホワイトショットです。

成分としては、ポーラが独自に開発した成分で肌を美白していくというものです。

口コミなどを見ると、数か月から半年使用して、肌全体が明るくなった印象を受けます。

しかし、シミという悩みに対しては、やはりハイドロキノンのような美白効果の強い成分に比べると弱いかと思います。

また成分的には、シミ、そばかすを薄くして、予防もできるということです。

この商品の欠点でいうと、コスパではないかと思います。

このホワイトショットですが、値段が「11000円」という金額です。

金額を考えると、ビーグレンやsibobyの利用したほうが半額程度で済むし、ハイドロキノンでシミに効果があるのでおすすめです。

 

シミ取りクリームは個人輸入でハイドロキノンがありコスパはよいが危険性があるので注意が必要な理由

 

インターネットが普及して、シミ取りクリームは個人輸入でも購入することが出来るようになりました。

手軽な金額で購入できたりするので、注文することも簡単です。

しかし、シミ取りクリームは個人輸入で購入すると危険性があるので注意が必要です。

その理由というのが、日本の基準で、製造、保管されていないということです。

シミ取りクリームの成分であるハイドロキノンは、とてもデリケートな成分です。

温度が低いところで日の当たらないところで保管することはもちろん、衛生環境が整った施設で作製造することが重要です。

また、成分の劣化などもあるので、製造して早めに利用することが重要です。

これは日本国内では当たり前の基準なのですが、海外では、基準が違うので、保管状況が悪いものや製造から、だいぶ経過したクリームが届くこともあり、使用したら肌が炎症を起こしたり副作用が出てしまったりということがあります。

このように個人輸入ではリスクもあるので、日本基準の安心出来るクリームの購入をおすすめします。

 

シミ取りクリームは海外がコスパと使用方法の注意や予防法など国により違うので国産がおすすめ

 

シミ取りクリームを日本で購入するよりも、海外で購入したほうが安いと考える方は、たくさんいます。

しかし、国によってシミ取りクリームの使用方法に注意点が必要であったり、シミ取りクリームの概念が違い、日焼けの予防法であったりと国によって異なります。

海外のシミ取りクリームは、日本の基準と違うので成分濃度が濃いものが多く、使うことで肌の炎症を引き起こすものがあります。

また保管方法も、日本では低温の暗部に保管するものが、常温で販売されていることも多く成分に不安を覚えるものも多いです。

また、シミ取りクリーム自体を取り扱っていない国もあるので、探しても見つからない、間違って購入してしまったということもあります。

購入するのであれば、日本基準で製造されており、安全性の高いものがおすすめです。

またハイドロキノンが配合されたシミ取りクリームがおすすめです。

 

ドイツのシミ取りクリームの正体はBBクリーム?

 

ドイツはEUに属しており、ほかのヨーロッパの国と同様にシミ取りクリームという概念が日本と異なります。

これは、白人はメラニン色素がアジア人に比べてとても少なく、もともとシミができにくい体であるためです。

逆にメラニン色素が少ないので、シミ取りクリームの代わりに日焼けに弱く紫外線対策の日焼け止めなどが充実している国でもあります。

お土産などでシミ取りクリームを購入しようと探しても見つからないのが正直なところです。

ドイツで主流となっているのがBBクリームで、シミを隠すというわけではなく、紫外線対策として使うクリームになります。

ドイツの周辺の国でも同様にシミ取りクリームの概念が異なり紫外線対策をメインとした商品が多いです。

シミに関しては、皮膚科などの医療レーザーを使うのが、当たり前の国でもあります。

 

グアムのシミ取りクリームは世界中でも人気でお買い得?

グアムで人気のシミ取りクリームは世界中でも有名なシミ取りクリームです。

値段もお買い得なシミ取りクリームです。

その名前が「ユークロマ」「レチンAクリーム」です。

タイやインドでも購入することが出来るシミ取りクリームです。

ユークロマはハイドロキノンが4%配合されたシミ取りクリームなのでシミへの効果あります。

またレチンAクリームは、トレチノインによって肌のターンオーバーを促進します。

この二つを併用した方法で美白を行います。

どちらも肌への刺激が強いのですが、とくにトレチノインは痛みを感じることもある成分なので使用には注意が必要です。

またユークロマも赤みなどが発生することもあります。

ユークロマのハイドロキノンは空気が触れると成分の劣化が起こるので、使用に関して1か月で使い切るか使用をやめるようにしてください。

成分が劣化すると肌の炎症を起こす原因があります。

日本では、ユークロマのハイドロキノンを改良して、作られたハイドロキノンが配合されたシミ取りクリームがあり、低刺激で劣化に強く副作用が少ないということになっています。

また美肌を作る成分やビタミンC誘導体も一緒に配合されたクリームが人気です。

成分劣化や肌への影響を考えれば、日本で販売されているクリームがおすすめです。

 

バリのシミ取りクリームは安いが刺激があるクリームです。

インドネシアのバリでは、シミ取りクリームが安く、手軽に購入できるということで、お土産や自分で使うということで購入される方がいます。

しかし、バリのシミ取りクリームを使うには、注意点があります。

バリのシミ取りクリームは「VITAQUIN」ビタクイーンというクリームです。

配合されているシミ取り成分はハイドロキノンで濃度は5%ということで、日本の皮膚科で処方されるシミ取りクリームに比べてもやや高濃度になります。

このビタクイーンは金額的には、700円もあれば購入することができ手軽な値段です。

しかし高濃度であるので、使用には注意が必要で副作用が起こることがあり、赤みが出たり腫れたり、痛みやかゆみ、白斑の影響が考えられます。

の本では、この副作用を考えて化粧品などに含まれる成分は2%までと決められているほどです。

バリでは、安く購入することが可能ですが、副作用や肌の炎症の可能性があるので、継続が出来なかったり、肌の治療代が炎症が原因で発生することがあり逆に高く掛かってしまう事もありえます。

購入するのなら、日本で改良された「安定型ハイドロキノン」や「Qusomeハイドロキノン」が配合された副作用や低刺激なシミ取りクリームをの購入をおすすめします。

 

ジャカルタのシミ取りクリームは美容クリニックのクリーム

日本でのシミ取りクリームの購入を戸惑っている方ですと、他の国で安く購入できるのはないかと様々探したりしているのではないかと思います。

その国の一つとしてインドネシアのジャカルタがあります。

ジャカルタは日本と同じようにアジア人なので、シミ取りクリームがあるかと思いますが、ジャカルタの場合、シミ取りクリームは、美容クリニックで処方されるものになります。

ジャカルタでは、シミ取りの方法はシミ取りレーザーをメインとした方法になります。

旅費を抜けば、日本よりも安くレーザーでシミを取ることが出来ます。

そして、その後のケアとしてシミ取りクリームを処方してもらうことが出来ます。

そのため、購入ではなく受診もしくは治療をしてシミ取りクリームを処方してもらう形になります。

ジャカルタで有名なクリニックは「エルハ」というクリニックです。

レーザーを使うとシミを取るのは早いのですが、レーザー照射した場所がかさぶたになるので、1週間程度は人の前に出るのが、難しくなります。

自然にシミを取るのであれば、日本国内でハイドロキノン配合のシミ取りクリームが一番です。

 

シミ取りクリームはイギリスでは安いが意味合いが違うので購入は注意!

シミ取りクリームというと、日本では文字通り、シミを取る、消すという認識になります。

イギリスでは、シミ取りクリームは、紫外線対策に利用するものです。

これは、イギリスをはじめ、白人はアジア人と比べてシミができにくい体質のためです。

そのため、夏場の紫外線や日頃のシミ対策は行いません。

どちらかというと、シミ対策というよりも、「日焼け対策」の認識がとても高いです。

イギリスでは、コンビニをはじめ多くのお店で日焼け止め対策の商品が安く購入することが出来ます。

特にNo7シリーズというのは、イギリスでもダントツに人気の美肌商品で数多くのラインナップがあります。

1000円でおつりが来る金額で購入することも可能ですが、使用に関しては日焼け止めとしての使い方です。

そのため、イギリスで安いからとシミ取りクリームを買ってもシミに対しての効果がないのでご注意をしてください。

 

シミ取りクリームはヨーロッパでは無縁な対策?

ヨーロッパでシミ取りクリームを安く買いたいと色々探されたが、全然見つからないという意見が合います。

それもそのはず、ヨーロッパはフランスと同じく、シミ取りクリームというのはあまりなじみがありません。

日本人と比べてメラニン色素が少ないヨーロッパの方は、シミ取りクリームというのは無縁に近いです。

またヨーロッパ諸国の中には、そばかすなど日本では気になるシミは個性として受け入れられていて、そばかすがある方が可愛いと思われることも多いです。

そのため、ヨーロッパではシミ取りクリームは無縁な対策といえます。

皮膚科などでレーザーによるシミ取り対策はあるのですが、市販品などでのシミへの対策がないのが現状です。

またヨーロッパ諸国で、シミレーザーを受けたいという方もいるかと思いますが、日本よりも物価違いもあり、高額になってしまう事があるので、日本でシミ取りクリームを利用するか、美容レーザーを使用するかの選択のほうが金額的にも安い値段で済みます。

 

シミ取りクリームはカナダではAHAのフルーツ酸が主流?

 

カナダでもシミ取りクリームが販売されているのですが、日本用に「ハイドロキノン」「アルブチン」「トラネキサム酸」が配合されているわけではありません。

カナダでは、AHAを主流としたシミ対策になります。

AHAというのは、フルーツ酸を利用した美容法になります。

使用すると、肌の表皮がフルーツ酸により溶けていきます。

その効果により、古い角質が剥がれて新しいきれいな肌が表面に出ます。

シミを浮かすという点ではシミ取りクリームといえるかもしれません。

このAHAも成分濃度がさまざまあり、あまり強い濃度だと、塗った瞬間に痛みが出ることもあるので、注意が必要です。

シミ取りを目的とするのなら、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームを使った方がよいです。

またカナダのAHAシミ取りクリームは、液体で値段自体も7000円前後するので金額的にもあまりおすすめできないです。

 

シミ取りクリームはアメリカの場合、大容量でお買い得?

アメリカでは、美容と健康に対する健康が進んでおり、健康に関しては世界でも1位といえるぐらいの国です。

これは、1回あたりの治療での金額高額という原因でもあります。

さて、アメリカのシミ取りクリームというのは、ハワイでも販売されているナディノラというクリームです。

美白成分は、効果が高いハイドロキノンが配合されています。

量も多く、値段も2000円から3000円程度で購入できるのが特徴です。

ハイドロキノンクリームの場合、空気に触れると成分が劣化してしまう特徴があり、あまり大容量であっても意味がないというのが本音です。

大容量だからと、1度に大量にハイドロキノンを塗ってしまうと、「白斑」や「赤い炎症」などの症状が起こることがあります。

また成分劣化したクリームを使っても同様に肌の炎症を起こすことがあるので、注意が必要です。

使うなら、高品質であり国産のクリームが一番です。

 

シミ取りクリームはフランスではお買い得だが紫外線対策クリーム?

フランスでもシミ取りクリームは、販売されています。

しかもデザインもオシャレで日本で言う、ワンコイン(500円)程度で購入することが出来ます。

しかし、フランスの場合、日本と決定的な違いは、シミへの関心の違いです。

フランスの場合、シミを取るという認識はあまりなく、どちらかというと日焼け止めなどの紫外線対策を行うために使うことが目的です。

また、フランスでは出産後に、シミが出来た場合には医療機関で保険適用で処置することが可能な為、あまり日本のようにシミを取る成分としてのクリームは販売されていません。

また、フランス人は日本人と異なり、シミの原因であるメラニンが少ないのでシミ自体ができにくいという特徴があります。

そのため、シミ取りという認識がありません。

 

シミ取りクリームはハワイでも購入することができる?

南国のハワイと言えば、海外旅行でも人気のスポットです。

ハワイのお土産と言えば、チョコレートが有名ですが、シミ取りクリームをお土産として購入される方も実は多いです。

ハワイのシミ取りクリームは「ナディノラ」というシミ取りクリームです。

大容量でハイドロキノンが3%も配合されているということでお買い得ということで人気なクリームです。

このクリームは、確かにハイドロキノンが配合されていて、効果があるのですが、ハイドロキノンは空気に触れると成分が劣化してしまうので、あまり大容量であっても効果が減少してしまったり、肌に炎症を起こす原因になりかねません。

一見お買い得のように感じるかもしれませんが、実は国内で購入したほうが4%の成分劣化の少ないハイドロキノンを購入することができるので、おすすめです。

 

シミ取りクリームはタイで販売されているクリームが安いが注意が必要?

 

実は美容大国として、有名なタイでは、シミ取りクリームを数多くそろえています。

タイのプーケットやバンコクなど薬局で購入することができます。

特にバンコクのブレス薬局は、有名な薬局のようでお土産の購入と一緒に寄る方も多いです。

タイでは、「デラニン」「レチンAクリーム」「ヒルドイド」の3種類が美白やシミ取りクリームとして販売されています。

デラニンは、ハイドロキノンクリーム配合で、シミに強く効果をもらたします。

レチンAクリームは、トレチノインが配合されており、表皮剥がしてシミを浮かせます。

ヒルドイドは、保湿をする成分であり、この3種類を併用することで美白して綺麗な肌を作ることができます。

値段も安いので女性に特に人気なクリームなのですが、注意点として、刺激が強いということがあります。

デラニンとレチンAクリームは、肌への刺激が強く特にレチンAの場合、肌に痛みをもたらすことが多く赤く炎症することがあります。

またハイドロキノンも国内と違って、暗部の温度が低い場所への保管をしていないという点があり、副作用のリスクなども考えられます。

実際に、副作用により肌がただれたという報告もあります。

安全性を考えるのであれば、もう少しお金を出して国内製造の安全性の高いクリームの購入をおすすめします。

 

シミ取りクリームで台湾のミロルはお得はクリーム?

美人が多いといわれる台湾では、台北だけでなく台湾全土で有名なシミ取りクリームがあります。

それが「ミロル」というシミ取りクリームです。

台湾のシミ取りクリームとして有名ですが、購入するにあたって、お得なクリームなのでしょうか?

ミロルに含まれている美白成分というのは、「アルブチン」というものです。

アルブチンは、美白成分のハイドロキノンに似ているのですが、ハイドロキノンに比べて効果が落ちる代わりに副作用が起こりにくいといわれているクリームです。

ミロルは、購入すると大体4000円前後の値段です。

海外旅行での購入になるとさらに費用がかさみます。

どうせシミ取りを目的に買うのであれば、ハイドロキノン配合のシミ取りクリームを選んだ方が効果を考えてもお得です。

またアルブチンの安全性を考えるのであれば、「安定型ハイドロキノン」「Qusomeハイドロキノン」のように、改良型で安全性が高いものを選べはミロルを購入する必要なないかと思います。

 

シミ取りクリームは韓国のコスメよりも国産を選ぶことがおすすめ!

美容大国として、日本国内でも多くの女性が旅行に行く韓国ですが、韓国のシミ取りクリームを国内のシミ取りクリームではどちらを選ぶべきなのでしょうか?

韓国では、シミ取りクリームとしては、「ドミナ」というシミ取りクリームが、有名です。

このドミナはシミ取り成分にハイドロキノンを4%配合配合しており、価格が4000円前後ということで旅行の際に購入される方もいます。

しかし、ハイドロキノンには、欠点があり、酸素に触れると成分がの劣化が起こり、1か月前後で変色してこうかが 著しく低下します。

また、成分が劣化したハイドロキノンを使うと肌の炎症などのリスクが起こることもあり、あまりお勧めできません。

旅行代金や、シミ取りクリームの値段を考えて見ると、日本国内のシミ取りクリームのほうが、総合的に安くなります。

製造に関しても日本国内の基準を満たしており安全性が高く、1か月の使い切りタイプが多いです。

またハイドロキノン以外にも、美肌成分も配合されているので、シミだけでなくきめ細かな潤いのある肌を作ることができます。

選ぶのであればシミ取りクリームは国産製造のものがおすすめです。

 

「シミ取りクリーム コスパ」はドラッグストアよりネットで人気なシミ対策クリームがおすすめ!

 

シミ取りクリームを選ぶ1つの基準として プチプラであるということがあります。

値段を気にせず購入することができればよいのですが、やはり安いシミ取りクリームのほうが購入するうえではよいですよね。

さて安い値段で販売されているドラッグストアのシミ取りクリームよりもネットで人気なシミ対策クリームを購入するのがプチプラで考えてもおすすめです。

ドラッグストアで販売されている商品ですと、シミ取り成分は「アルブチン」「トラネキサム酸」が配合されているものが多いです。

また、上記の成分も配合されていないクリームも販売されています。

美白効果が1番高いシミ取りクリームと言えば、「ハイドロキノン」が配合されているものです。

ドラッグストアや薬局でもハイドロキノン配合のシミ取りクリームは、存在していますが、成分濃度が2%のもの限界のため、効果としては結果が出るまで時間がかかります。

しかし、ネットで販売されているものでは4%の濃度で配合されているので、より効果が早いのが特徴です。

しかも、実際にトライアルセットで試せるクリームも多く、定期便を利用すれば、定価よりもかなり安く購入することもできます。

選ぶの出れば、ネットでおすすめなハイドロキノン配合のシミ取りクリームがシミ対策におすすめです。

 

シミ取りクリームはハイドロキノン入りがコスパよくおすすめなコスメです。

 

シミ取りクリームを選ぶ際に、まず前提として選んでもらいたいのが、ハイドロキノンが配合されているクリームであるのかどうかということです。

医薬品としてもおすすめな成分であるハイドロキノンは、シミだけでなく、肌全体の美白効果が高いので、人気で多くの商品がランキングなどでも上位を占めています。

またその商品の中でも特におすすめなのが、「新安定型ハイドロキノン」が配合されているものや「Qusomeハイドロキノン」が配合されているシミ取りクリームです。

このハイドロキノンは従来よりも使いやすく、副作用が少ないというのが特徴です。

しかも、美白成分だけでなく美肌にも効果があるので、安いしおすすめなコスメと言えます。

代表なものとしては「ビーグレンのQusomeホワイトクリーム」です。

Qusomeハイドロキノンが配合されており、ランキングでもトップに君臨し続けるだけでなく、3000件以上の口コミでも高評価を得ている、まさにモンスターシミ取りクリームです。

トライアルセットで実際に商品を試すことができるのでぜひ、利用してみてください。

 

シミ取りクリームとハイドロキノン入り化粧水はコスパお買い得でおすすめなのはどっち?

 

シミや肌を美白するのに、成分としてハイドロキノンがおすすめです。

また、ハイドロキノンが配合された商品というのは、数多く存在します。

シミ取りクリームもあれば、化粧品や化粧水に含まれているものがあります。

こういった数多くの製品の中でも利用するのであれば、安くてお買い得でおすすめなのはどっちなのでしょうか?

まず結論から説明をすると、「シミ取りクリーム」がおすすめです。

成分や効果を考えても、お買い得であり総合的に安いです。

理由としては、スキンケアなどで用いられる化粧水などに含まれるハイドロキノンには成分濃度の限界があるという点です。

厚生労働省で化粧品に含むことができるハイドロキノンの成分量は2%までとなっています。

そのため、シミ取りクリームのように4%濃度に比べるとどうしても効果が少ないのが本当のところです。

また、ハイドロキノンというのは、紫外線を浴びると吸収して成分が変化することで肌に炎症を起こすことがあるので、化粧水1つあれば、スキンケアと一緒に利用することができるのですが、逆に肌に悪影響を起こすことがあるので、シミ取りクリームを利用したほうが、安くお買い得に利用することができます。

 

シミ取りクリームの美白ハイドロキノンはコスパの見分け方が重要な基礎化粧品

 

シミ取りクリームには手軽に購入することができる金額で販売されています。

しかし、シミ取りクリームは数多くの種類が存在しており、見分け方が重要な基礎化粧品と言えます。

シミ取りクリームを選ぶには、美白ハイドロキノンが配合されているシミ取りクリームを選ぶ必要があります。

美白成分には、ほかにも、「アルブチン」や「トラネキサム酸」など含まれているクリームが多いです。

その中でも、ハイドロキノンは、一般の美白成分に比べて100倍もの美白効果があるものです。

そのため、選ぶのであればハイドロキノンクリームをおすすめします。

しかし、ハイドロキノンクリームは刺激が強く、副作用が起こることもあり、さらには成分劣化という弱点があります。

そこで、改良された「新安定型ハイドロキノン」や「Qusomeハイドロキノン」という、ハイドロキノンの弱点を埋めた成分があるので、選ぶのなら、この両者のハイドロキノンが配合されているクリームをおすすめいたします。

 

皮膚科とシミ取りクリームでは値段はコスパは?口コミを参考に考察

 

皮膚科のシミ取りクリームの値段は安いのか?口コミを参考に考察してみます。

皮膚科の場合、皮膚科に受診をしてそれからシミ取りクリームをもらうことになります。

この際に、処方してもらうのはハイドロキノンの軟膏にになります。

口コミ見ると、金額は2000円前後が相場となり、別途受診料となります。

またトレチノインとの併用療法場合には、同様に受診料と、ハイドロキノンと同じ程度の金額が追加になります。

市販品の場合、ハイドロキノン軟膏で考えるとほとんど同じような金額で購入することが出来ます。

またシミ取りクリームである場合には、美肌成分も配合されるので、トータルのコスパは良いといえます。

ハイドロキノンクリームの場合には、シミにのみの塗ることと、効果もシミに特化したものになります。

しかし、シミ取りクリームは、顔全体に使用することができ、シミもそうですが顔全体を美白することが出来ます。しかも低刺激で副作用が少ない成分安定型ハイドロキノン配合というのもポイントです。

値段では、皮膚科になるかと思いますが、あと少しの金額を出してシミ取りクリームを利用したほうが総合的には安いと言えます。

 

シミ取りクリームのハイドロキノンとトレチノインは皮膚科コスパがよい!?

 

シミ取りに使われるシミ取りクリームは、皮膚科でも処方されるハイドロキノンです。

軟膏クリームで、1か月の使い切りタイプで処方されることが多く、これは成分劣化や、赤くなったりする副作用を効果が減少することを防ぐためです。

またシミ取りクリームではないですが、一緒にトレチノインという肌の表皮が日焼け跡のようにはがれるクリームもあります。

この2つを併用して利用することで、よりシミを取り美白を効率的に早くします。

ハイドロキノンもそうですが、特にトレチノインは肌への刺激がとても強いです。

肌に塗ると熱さや痛みを感じることもあり、これは成分が表皮をはがすために行っている効果です。

大体、使用して3日ほどで肌が剥がれてくるのですが、とても肌に刺激が強く炎症を起こすことがあります。

ハイドロキノンだけで考えると、シミ取りクリームの購入をおすすめするのですが、トレチノインと併用して利用する場合には、副作用や肌への炎症の影響もあるので、皮膚科を利用して経過を確認してもらって利用したほうが、肌を心配する分には安いかもしれません。

 

シミ取りクリームのハイドロキノンでコスパは皮膚科で処方してもらう医薬品?

 

シミ取りクリームに配合されているハイドロキノンは皮膚科で処方してもらうことが出来ますが、その価格は、シミ取りクリームを購入するよりも安いのか?医薬品としても扱われているハイドロキノンは、薬局で販売されているものよりも高濃度です。

そのため医師の所見で必要な濃度のハイドロキノンを処方してもらいます。

また場合によっては、トレチノインというターンオーバーを促進する成分と一緒に利用して美白効果を高めることもあります。

さて、このハイドロキノンクリームは、皮膚科では2000円前後になっています。

価格自体は、さほど高額ではないのですが、これ以外に診察料もかかります。

軽く見積もってみても3000円~4000円ほどがかかります。

一方、シミ取りクリームを見ると、5000円前後の金額のものが主流です。

金額だけで見ると、皮膚科が良い風に思いますが、ネットなどで購入するシミ取りクリームの場合、美白成分以外にも美肌を作る成分も入っているので、総合的に安上がりになります。

また安定型ハイドロキノンのような改良されていて、低刺激で赤みや腫れといった副作用が少ないハイドロキノンが配合されているのでおすすめです。