シミ取りクリーム

「シミ取りクリーム 使い方」ハイドロキノンで美白に効果的なケア方法

シミ取りクリームは、シミの原因であるメラニン色素に効果的な成分ハイドロキノンを配合したクリームが効果的なケア方法です。

また顔全体を美白するほか、美肌成分も配合されているので、肌が保湿され潤いのある肌を作り、シミを除去してきれいな美白肌に導くことができます。

 

シミ取りクリームの効果的な使い方1:使い方が簡単で継続して利用することができる

シミ取りクリームを使う場合1日に何度も使うといったクリームだと、面倒で使うことをやめてしまうことがあります。
また、使い方が複雑であっても同様に使うことをやめてしまいます。

まずは使い方が簡単で、継続して利用することができるシミ取りクリームを選ぶことが大事です。

シミ取りクリームの効果的な使い方2:1日1回夜に塗るだけの使用で効果を実感できる

シミ取りクリームを使い方で選ぶなら、「1日1回夜塗るだけ」のクリームを選ぶことがおすすめです。

1日1回寝る前もしくは、お風呂上がりのスキンケアと一緒に利用することができれば、週間化できるので塗り忘れることも少なく当たり前のように利用することができます。

また効果がある成分が配合されていることで、1日1回でも効果を実感出来るものがおすすめです。
1日1回でも効果が実感できる成分として配合されているが「ハイドロキノン」です。

この成分が配合されたクリームを利用することで1日1回夜利用するだけで効果を実感できるのでぜひ、ハイドロキノン配合のクリームを選ぶようにしてください。

シミ取りクリームの効果的な使い方3:顔全体に使えてシミ・顔の美白をすることができる

シミ取りクリームの使い方として、顔全体に使うことが出来て、顔の美白をすることができるクリームがおすすめです。

シミ取り成分であるハイドロキノンの場合、気になるシミにだけピンポイントでクリームを塗りこむことを行います。

しかしこのような手間であると長続きしにくいことがあります。

その点、シミ取りクリームは顔全体で使えるクリームが多いです。

これは従来のシミ取りクリームをメーカーが改良を続けて進化して作り上げたもので、「Qusomeハイドロキノン」「新安定型ハイドロキノン」という成分です。

従来のハイドロキノンは、肌への刺激が強く副作用の心配がありましたが、改良された成分では、低刺激であり、副作用が少ないといった欠点を補った改良を行っています。

そのため顔全体で利用しても安心して利用することができます。

しかも効果は従来のハイドロキノンと同じなので、シミに効果あるだけでなく顔全体に利用することができるので、肌のトーンも明るくなりきれいな若々しい肌を作ることができます。

シミを取るだけでなく、美白してきれいな肌になる成分配合のクリームを選ぼう

シミ取りクリームがシミを取るのは、当然の効果です。

化粧品メーカーでは、シミを取るだけでなく、美白をしながらきれいな肌を作る成分を配合しているクリームを提供しており、シミ取りクリームを選ぶのは、シミ取り成分だけでなく肌に良い成分が配合されているものがおすすめです。

肌によい成分としては、「ビタミンC誘導体」や「ビタミンA」「セラミド」「プラセンタ」などが配合されているものが良いです。

また美白セットとして様々な化粧品を出しているメーカーもあり、トライアルセットで試すことができます。

実際に、すべての商品を自分自身で利用することができるので、製品の良さを体験できるのでお勧めです。

ぜひ、トライアルセットを試して、自分に合ったホワイトケアをしてみて下さい。

 

「シミ取りクリーム 使い方」塗り方よりもシミに効果があるハイドロキノンがおすすめなケア方法

 

シミ取りクリームの使い方で、塗り方によって効果が違いが大きく出るのではないか?ということで塗り方に強いこだわりを持っている方もいますが、実はそれほど重要な事でないんです!まずは、塗り方よりもシミに効果がある成分である「ハイドロキノン」が配合されているのかどうかが重要です。

シミ取りクリームは基本的には、化粧水や美容液の後に塗ることで効果があるので使い方自体はとても簡単です。

後は、シミに本当に効果のある成分である「ハイドロキノン」が配合されているのかどうかという点で選んでもらうことが重要です。

また、美白だけでなく美肌を作る成分も配合されているクリームもあり、美白と美肌の両方のケア方法が、ただシミ取りクリームを塗るだけで効果を得ることができるのでお勧めです。

 

シミ取りクリームの成分ハイドロキノンの正しい使い方でリスクを消す方法

 

シミ取りクリームの主成分とも言えるハイドロキノンを正しい使い方をすることで肌へのシルクを最小限まで抑えて、しっかりとシミを消すケア方法について紹介していきます。

ハイドロキノンの使い方の注意点というのは限られています。

・ハイドロキノンの塗るタイミング

ハイドロキノンの塗るタイミングは夜間でスキンケアの際に行うのが理想です。

紫外線により肌の炎症を起こす成分なので、夜間の使用とスキンケアと合わせて利用することで、忘れずに利用することができます。

・ハイドロキノンの保管について

ハイドロキノンは、熱により変化する成分でもあるので、紫外線同様に注意が必要です。

そのため、低温で暗い場所である冷蔵庫などでの保管を必ず行うようにしてください。

・空気に触れると成分が酸化して劣化する

ハイドロキノンは空気に触れると成分が酸化して劣化してしまいます。

この場合、著しく効果が減少してしまうので取り扱いに注意が必要です。

また成分が劣化した状態で利用するとっ肌の炎症を起こすこともあるので、決められた使用期限内で利用し使い切るようにしてください。基本的には1か月の使い切りがほとんどです。

 

ハイドロキノンの付け方とトレチノインの付け方

ハイドロキノンはシミに効果がある成分ですが、浸透力が弱いという弱点があります。

そこでトレチノインという古い角質を剥がす作用のある成分と一緒に併用することでハイドロキノンの効果が最大限まで引き出すことができます。

ハイドロキノンの付け方とハイドロキノンの付け方については

・ハイドロキノンは、気になるシミにピンポイントに使用する

・トレチノインは、シミの範囲の一回り広めに利用する

このように付け方に違いがあります。

トレチノインは、使用して3日ほどで表皮がだんだんと剥がれていき、シミが表面に浮かんでいきます。

そしてハイドロキノンが浮いたシミに効果を表すという形になります。

トレチノインは、特に強い刺激がある成分なのであまり強い痛みがある場合には使用を中止してください。 

 

ハイドロキノンを塗る順番で適切なのは?

ハイドロキノンをつけることで、シミに効果があるのですが、ハイドロキノンはどのタイミングで利用するのが、その順番について説明をしていきたいと思います。

お風呂上りなど、スキンケアを行います。

男性の場合はさほど、スキンケアに重きを置いていないのですが、女性の場合、

・化粧水

・美容液

・乳液

・保湿クリーム

といった様々な化粧品を利用します。

さて、ハイドロキノンはどの順番で利用するべきなのでしょうか?

ハイドロキノンを取り入れる順番としては、化粧水の後に利用してください。

そのため順番としては、

「化粧水→ハイドロキノン→美容液→乳液→保湿クリーム」という順番で適切に利用してください。

また、朝の化粧前のスキンケアではハイドロキノンの使用は控えるようにしてください。

 

ハイドロキノンは朝、必ず洗顔して洗い流す必要がある

ハイドロキノンは、正しく使えばシミに効果があるのですが、使い方を間違えると、肌へ逆に悪い影響をもたらしてしまいます。

そのため、使い方をしっかりと理解する必要があります。、

特に、ハイドロキノンを使用した翌日の朝のハイドロキノンを洗顔で洗い流すということは重要な事です。

ハイドロキノンは、紫外線を吸収するため、日中に使用すると肌が赤くはれてしまい強い痛みの症状が出ることがあります。

さらに、新たなシミの原因になることやシミを濃くしてしまうこともあるので注意が必要です。

このようなリスクがあるので朝、眠いからと中途半端な処置をすると肌に対して大変なリスクを与えることになるので、線がを確実に行い、さらに紫外線対策を行いましょう。

 

ハイドロキノンを塗ったあとにはどうすればいいの?

お風呂上りに、スキンケアと一緒にハイドロキノンを塗ったが、そのあとはどうすればいいのでしょうか?

ハイドロキノンの扱いについて解説をしてきたいと思います。

ハイドロキノンは、とても酸化しやすい成分になっています。

そのため、ハイドロキノンを使ってそのまま放置すると、どんどん成分の劣化が進んでしまいます。

場合によっては、酸化したハイドロキノンを使って炎症が起こるということがあるので、ハイドロキノンを使用したらすぐに蓋して密閉をおこなってください。

また保管に関しても紫外線が当たらない低温の場所を選んでください。

これも成分の劣化を防ぐためです。

低温で紫外線が当たらない場所として適している場所と言えば「冷蔵庫」になりますので、保管の際には冷蔵庫に必ず入れるようにしてください。

また使用も成分の劣化を考えて1か月で使いきるようにしてください。

 

ハイドロキノンの塗りすぎは肌への炎症の原因

シミが気になる方など、早くシミを改善したい気持ちからハイドロキノンを何度も塗ってしまったりと塗りすぎな行動に出ることがありますが、これは肌の炎症の原因になるので注意が必要です。

ハイドロキノンは多くても1日2回の使用が限度です。

特に、紫外線の出ている日中には日焼け止めクリームと定期的に塗るなど紫外線対策を行う必要があります。

これは、紫外線により成分が変化してシミの原因になったり濃くなったりもしくは肌が炎症を起こすことがあるためです。

またハイドロキノンは刺激が強い成分なので1日目から2回の使用を始めると、肌へ強い刺激を与えてしまい、肌が炎症を起こすリスクが出てきます。

最初の使い始めは、1日1度で少量でパッチテストのように利用してください。

また使用も3か月使用したら1か月ほど肌を休ませる期間を作るようにしてください。

 

「シミ取りクリームの使い方」ハイドロキノンを塗り込むとメラニン色素に効果的なのか?

 

シミ取りクリームにはハイドロキノンというシミに効果がある成分が配合されていますが、シミ取りクリームは、強く塗り込んだ方がメラニン色素に対して効果的なのでしょうか?

特にシミにコンプレックスを抱いている方ですと、ついつい力を入れてしまう方もいるかと思います。

ハイドロキノンは「肝斑や色素沈着」などメラニン色素に効果があります。

またニキビ跡を目立ちにくくする作用もあります。

しかし、シミ取りクリームを塗りこんでも効果に変化はありません。

むしろ肌へダメージを与えてしまい赤みや炎症を引き起こす原因になることもあります。

シミ取りクリームには、ハイドロキノンの中でも「Qusomeハイドロキノン」や「新安定型ハイドロキノン」という従来よりも浸透力が高い改良型の成分になっています。

また「ビタミンC誘導体」など肌の奥に浸透してシミの原因を抑制する成分が入っています。

塗り込まずとも浸透力が高いので、自然としみこんでシミへ作用するので通常のスキンケア同様に使ってもらえば結構です。

 

ハイドロキノンは夜の使用だけだけど日焼け止めは使う必要ある?

ハイドロキノンは、紫外線を浴びると成分が変化してしまい、肌の炎症を起こしてしまったり、肌が赤くなったりシミの原因になってしまうことがあります。

そのため、夜間の使用が好ましいです。

夜間のみであれば紫外線が問題ないのですが、日中、洗顔をすれば日焼け止めを利用しなくても大丈夫なのでしょうか?

答えを言うと、ハイドロキノンを利用している最中は、日焼け止めをクリームを日中使用することが好ましいです。

ハイドロキノンを日中に使うことで、ハイドロキノンによる刺激で弱っている肌を守ることができます。

またそのそも、シミであるメラニン色素は、肌を紫外線から守るために存在しています。

ハイドロキノンはそのメラニン色素の生成も抑制します。

そのためメラニン色素が減少した状態で、日中に紫外線を浴びると肌へのダメージが強く出るので日中も日焼け止めクリームの利用を行うようにしてください。

 

ハイドロキノンを指で塗るのは正しい使い方なの!?

シミ取りクリームとハイドロキノン単体では、使い方が少々異なって解説をされています。

そのため、使い方に疑問を抱く人もいます。

ハイドロキノンは指で塗るのも正しい使い方なのか?と不安に思っている方もいます。

シミ取りクリームの場合、手に取って薄く延ばして顔全体に使うという使い方です。

ハイドロキノンクリームの場合は、綿棒にとって気になるシミの部分にたたくように塗っていくという方法があります。

もちろんハイドロキノンクリームを綿棒などを使って利用する方法もありますが、手に付けてシミに塗る方法でも問題はありません。

どちらでもご自分が継続して利用できる方法で行ってもらえば大丈夫です。

 

ハイドロキノンは薄く塗るだけでも効果があるの?

ハイドロキノンを使う場合には、シミを早く取りたいという気持ちもあり、たくさん塗ったほうが効果あるだろう!と思いついつい塗ってしまいますが、実際のところ多く塗ったほうが効果があるのでしょうか?

ハイドロキノンは、肌への浸透の量は一定の為、薄く塗っても濃く塗っても効果自体は変わりません。

特に、使用し始めたばかりの時は薄く塗って肌への反応を見た方が好ましいです。

これは、副作用や肌への炎症など、ハイドロキノンが肌へもたらす刺激の強さを知るためです。

あまり強く肌の炎症が出る場合には、使用を控える必要があります。

また、目の下に塗る場合には、皮膚が薄いので肌が炎症を起こしやすい傾向があります。

そのため、「目の下にはハイドロキノン」を薄く塗ってください。

結論として、ハイドロキノンは一定量を伸ばして使えばしっかりと効果が出ます。

 

ハイドロキノンのそばかすへの塗り方

シミの一種であるソバカスの場合、シミを取るまでに長い期間をかける必要があります。

シミ取りクリームやハイドロキノンをそばかすに対して塗る方法は、顔の他の部分に使う方法と全く同じです。

特に、強く塗ったり塗り込んだりする必要はありません。

ソバカスの場合、症状が改善するまでには時間がかかるので、トレチノインなど、シミを表皮に浮かせるクリームの利用を行う方がスピードは早いと思います。

また費用に余裕がある場合には、皮膚科でレーザーによる施術でそばかすを対処したほうがより早く対処することができます。

レーザーの場合には、シミの部分がかさぶたのようにはがれるので、1週間ほど照射跡にガーゼや絆創膏を張ることをおすすめいたします。

 

ハイドロキノンの液体の使い方

ハイドロキノンの液体として販売しているのは、業務用であることが多いです。

ハイドロキノンの液体の場合使い方が少々違います。

液体の場合、スポイトのようなもので一滴もしくは二滴ほど取り、気になるシミの部分に散布します。

または、手にとってシミに着ける形になります。

シミ以外には、基本的にはつけないことが無難です。

これは高濃度のハイドロキノンになるため肌に炎症を起こしたり、副作用症状として出てしまうことがるためなので注意をしてください。

保管についても冷蔵庫などで保管をしてください。

ハイドロキノンは、成分劣化が激しく開封後1か月程度で成分が劣化することが多いので、なるべく1か月程度で使い切るようにしてください。

肌の炎症が強い場合には使用を注意してください。

 

「シミ取りクリーム使い方」ハイドロキノンを塗ったら赤くなったという副作用がある?

 

シミ取りクリームを正しい使い方をしていても、「ハイドロキノン」の成分によって塗ったら赤くなったという副作用が出ることがあります。

症状が出る方や出ない方など個人差があるのですが、ハイドロキノンは肌への刺激が強く、赤み以外にも「腫れ・かゆみ・色抜け・乾燥」といった症状が出ることがあります。

またハイドロキノンは、空気に触れると成分の劣化が起こります。

変色したハイドロキノンを利用して、赤みの症状が出る事もあるので、クリームの劣化には注意が必要です。

また紫外線によって赤みが出ることがあるので、ハイドロキノン使用中は日中の紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。

メーカーでは、低刺激で劣化に強い副作用が起こりにくいハイドロキノンを開発しておりそちらを利用してみると良いかと思います

 

ハイドロキノンによる赤み対処方法とは?

シミを消したいということでハイドロキノンを利用して症状を改善したいという方は多いです。

しかし、いざハイドロキノンを使ってみると、使用して数日で赤みが出てきてしまうということがあります。

この場合の症状にはどのような対処方法が良いのでしょうか?

ハイドロキノンによる赤みの原因はいくつかあります。

・日中の紫外線の影響で成分が変化(日中に利用した場合)

・敏感肌や肌が弱い

・体が疲れており免疫力が低下している

などの理由があります。

また症状によっては、「シミへの効果による赤み」の場合もあります。

シミへの効果の場合には、赤みが1週間~2週間使用してから症状が出ることが多いです。

使用して数日の場合には、上記のような理由が好転以外の理由が考えられます。

赤みが出る場合には、まだよいですがヒリヒリ感や痛み、腫れ、強いかゆみの場合にはハイドロキノンとの相性が悪い可能性が高いので利用を控えるようにしてください。

 

シミ取りクリームの使い方でハイドロキノンにはアレルギーの症状は出るのか?

 

シミ取りクリームを含む、化粧品などで心配になる一つが、アレルギー反応です。

アレルギーは、原因によっては命にかかわることもあるので不安になる方も多いです。

ハイドロキノンの場合、アレルギーという点での反応はないのですが、副作用として症状が出ることがあります。

それが、赤ら顔になって顔がパンパンに慣れてしまう事や、赤み、かゆみ、痛みが出ることです。

この場合、肌への刺激が強く出てしまうので、肌の弱い方や敏感肌の方は、この症状が出ることが多いです。

また日中に使用して、紫外線を浴びてしまってハイドロキノンの成分が変化を起こし肌に強い炎症を起こすこともあります。

日中は特に日焼け止めクリームなど対策を行ってください。

使用の際は、手や顔に少量などのパッチテストを行い異常の有無を確認してから利用するようにしてください。

 

シミ取りクリームの使い方でシミが濃くなる副作用が出る原因と対策は?

 

シミ取りクリームは、正しい使い方をすればシミに効果があります。

しかし、使い方によってシミが濃くなるという副作用が出る事があります。

その原因と対策について説明をしていきたいと思います。

原因が2つあり、良い理由と悪い理由があります。

まず、悪い理由から説明をしていきます。

シミ取りクリームには、ハイドロキノンというシミに効果のある成分が配合されており、使用することでシミの原因のメラニンの働きを抑制して分解、除去していきます。

しかし、ハイドロキノンは紫外線を浴びると成分が変化を起こし紫外線を吸収してしまいます。

その結果、肌に強い刺激を与えることになって、肌が赤くなったり、シミが濃くなってしまうことがあります。

原因としては日中の紫外線を浴びたためなので、日中の使用を控えて、日焼け止めクリームなどを利用して肌の刺激を防ぐという対策が好ましいです。

続いて、良い理由になりますが、こちらは、シミを含めて全体の肌の色が白くなってしまったため、シミが目立ったという理由です。

シミはどうしても消える前に時間がかかってしまいます。

そのため、周囲の肌のほうが美白されるまでの時間が短くなります。

その結果、周囲よりもシミが目立ってしまうということです。

対策としては、シミ取りクリームを使い続けて、シミを取ることが対策になります。

シミ取りクリームはハイドロキノンの使い方とトレチノインで美肌効果が高まる!

 

シミ取りクリームとして有名な成分として「ハイドロキノン」があります。

そしてシミ取り効果を高める成分としてアンチエイジングなどで利用される「トレチノイン」という成分があります。

この2つをくみ合わせて使うことで美肌効果が高まりより早くシミへの効果が出ます。

しかし、使い方に注意点があり皮膚に副作用が起こることもあります。

使い方は、「ハイドロキノン」と「トレチノイン」の両方を寝る前に使用します。

使用期間は2週間としてください。

※トレチノインは刺激が強い成分ですので、赤みや痛みが出ることがあるのであまり痛みが強い場合には使用を中断してください。

2週間、併用して利用したら、ハイドロキノンだけを利用してください。

使用期間は、また2週間です。

その間に新しい皮膚が再生されて、どんどん美肌を作ることができます。

 

タイのシミ取りクリーム「レチンAクリーム」の使い方!薬局で買えるニキビ治療薬として人気

 

タイで購入できるシミ取りクリームとして人気なのが、「レチンAクリーム」です。

レチンAクリームは、タイの薬局で購入することができて、1000円を切る値段で手軽に購入できることで人気です。

美容大国であるタイだからこそ手軽に買えるのかもしれません。

このレチンAクリームはピーリングの作用を持っていて使い方としては、1日1回塗り続けると肌が剥けていくというものです。使用期間は1周期2週間で使用をやめるようにしてください。

さて、レチンAクリームは、シミ取りという考えで行くと少々異なります。

表面の角質を剥がして新しい皮膚が出てくるので、確かにシミが浮き出るのですが、シミの根本的な解決ではありません。

ニキビ跡の治療薬として利用すれば、だんだんニキビ跡がうすくなっていくことはあるかもしれません。

肌への刺激が強い成分でもあるので使用には注意が必要です。

シミ取りに関しては、国内メーカーの製品で「ハイドロキノン」が配合されたシミ取りクリームがおすすめです。

 

「バンコク」で有名なシミ取りクリームの使い方とは?

タイの首都であるバンコクでは、あるシミ取りクリームが有名となっています。

それが、「レチンAクリーム」です。

このレチンAクリームの主成分というのは、ビタミンA誘導体で、皮膚の表皮の剥がして、はたらしい表皮を出すという役割です。

簡単にいうと、表面の古い皮を剥いで、新しくするというピーリング作用ですね。

バンコクなどの薬局で購入できるため海外旅行のお土産や自分用で購入される方もいるようです。

このレチンAクリームというのは、ものすごく刺激が強いです。

使い方は、寝る前に肌に塗るだけでよく朝、しっかりと洗い流すということだけです。

使用して3日ほどで肌が剥けてくるのですが刺激が強く肌が赤くなったり痛みを覚えることも多々あります。

使い方はカンタンではありますが、敏感肌や肌の弱い方は、注意が必要です。

 

ハワイのシミ取りクリームの使い方はシミ・そばかす・肝斑に効果がある!?

 

南国の楽園ともいわれるハワイで、お土産などで人気のシミ取りクリームがあります。

それが「ナディノラ」というシミ取りクリームです。

このシミ取りクリームは、ハイドロキノンが3%も配合されていて64グラムも入っている大容量のため、人気で並行輸入品としても有名です。

ナディノラは、ハイドロキノンが配合されているので、「シミ・そばかす・肝斑」に効果があります。

使い方も簡単で、寝る前に顔に塗るだけで済み、朝洗顔で洗い流して日焼け対策をするだけなので口コミも良いものが多いです。

しかし、このナディノラですが、欠点があります。

それが、ハイドロキノンは劣化しやすい成分なので64グラムもあっても使いきれないということです。

次第にクリームの色も変色していき、効果が減少していってしまうというデメリットがあります。

しかも3%の成分であるのであれば、日本メーカのシミ取りクリームのほうが4%という高濃度でありながら、美白以外にも美肌を作る成分が配合されているのでお勧めです。

1か月の使い切りタイプが多いので、成分劣化を気にせず利用することができます。

 

シミ取りクリームの美白成分ハイドロキノンの業務用の使い方の注意点と副作用について

 

シミ取りクリームには、美白成分として「ハイドロキノン」という成分が配合されています。

現在では、インターネットを通じて業務用のハイドロキノンを一般の方でも購入することが可能になりました。

大量に高濃度のシミ治療薬であるハイドロキノンが安く買えるということでシミが気になっている方で購入される人もいます。

しかし、業務用のハイドロキノンは高濃度であり、使用には注意点があります。

まず、液体であるため気になるシミにピンポイントで利用しにくいという点です。

シミ取りクリームであれば、顔全体に利用できますが、液体のハイドロキノンでは使いにくいという点があります。

また白斑などの副作用が起こることがあります。

続いてが、高濃度ゆえの刺激の強さによって肌が炎症を起こしてしまうことがあります。

肌が赤くなったりかゆくなったりと場合によっては肌がめくれるという症状もありますので注意が必要になります。

続いて成分劣化が早いので長期保管に適さない成分である。

ハイドロキノンは空気と結びつき成分劣化を起こしやすいです。

そのため、基本的に1か月で使いきるべき成分です。

成分が変色すると効果も減少するのであまりつける意味がなくなってしまいます。

大量に購入したとしても成分劣化で効果を実感できないのであれば購入しても無駄になってしまうのではないかと思います。

高濃度や大量だから良いというわけではないので使い方を考えて購入の判断をしてください。

 

ハイドロキノン配合濃度4パーセントの使い方について

ハイドロキノンは、イチゴやブルーベリーやコーヒーにも含まれている製品で、厚生労働省も認めるシミを消す成分です。

効果がある分刺激が強いので、化粧品に含まれている成分の場合には2%という制限も設けられている成分です。

それだけ刺激が強い成分ですが、皮膚科では医師の所見によって、高濃度のハイドロキノンを処方してもらうことができ、基本的に4%の濃度でのシミ治療を行うことになります。

使い方は、紫外線のない夜間など気になるシミの部分にピンポイントで塗るだけです。

朝は、洗顔をしてしっかりとハイドロキノンを落として化粧や紫外線対策をする必要があります。

4%の場合、肌への刺激が強いので、場合によっては副作用がでるおそれがありますので、違和感を感じたら使用の中止をお願いします。

 

ハイドロキノンの5%の使い方の注意点

薬事法の改正によって、一般の方でもハイドロキノンを購入することができるようになりました。

しかし今まで皮膚科でしか取り扱うことができなかった成分ですので、使い方には注意が必要になります。

販売されているハイドロキノンの濃度は異なりますが、5%の高濃度型のハイドロキノンも販売されています。

購入する側からすると、高濃度であるほど、効果が出るまで早いから購入したい!という気持ちになりますが、その分リスクがあるということを理解してもらいたいと思います。

ハイドロキノンは、肌への刺激が強い成分ですので、敏感肌や肌の弱い人に対して、肌の赤みや痛み、かゆみ、場合によっては腫れや皮がむけるという症状が出てきます。

中には、この副作用が効果があると思う方もいるのですが、実際には肌が強い炎症を起こしているの注意が必要です。

また日中の紫外線が出ている時間には使用を控えるようにしてください。

ハイドロキノンは紫外線を吸収して成分が変化してシミの原因になったり、シミを濃くしてしまう可能性があるからです。

このように一般で購入できるようになったとはいえリスクがあるということを注意して利用してください。

 

旭研究所のハイドロキノンは業務用で使い方に注意が必要

 

旭研究所では、シミに効果があるハイドロキノンが業務用で販売されています。

薬事法の改正により、皮膚科で以外でも購入することができるため、一般の方でも購入することができるようになりました。

しかし旭研究所のハイドロキノンは、5%という高濃度であるので、使い方に注意が必要です。

ハイドロキノン自体は、肌への刺激が強い成分なので、使うことで赤みやかゆみ、痛みを伴うことがあります。

また液体ということもあるので、シミにピンポイントで塗るのが難しいかもしれません。

肌を考えるのであれば、「Qusomeハイドロキノン」や「安定型ハイドロキノン」の改良がたハイドロキノンのほうが安心して使用できるかと思います。

 

『シミ取りクリーム 使い方』ハイドロキノンを塗る場所は?顔全体に少量が美白効果あり?

 

シミ取りクリームとハイドロキノンというのは似ているようで違います。

「シミ取りクリーム」は、「ハイドロキノン」などシミに効果のある成分が配合されているクリームの事で、ハイドロキノンは成分になります。

そのためこの2つは使い方が似ているようで少々、異なります。

シミ取りクリームは、顔全体に使用することができます。

これは、ハイドロキノンの中でも改良されている「Qusomeハイドロキノン」や「安定型ハイドロキノン」が配合されているためです。

この改良型の場合、低刺激であり、副作用が出にくく従来のハイドロキノンの欠点を改善した成分なので顔全体に利用してもリスクが少なくて済みます。

従来のハイドロキノンの場合、特に4%のような高濃度の場合には医師の所見が必要になっていきます。

また塗るのも、シミの患部だけになります。

ハイドロキノンは、シミに特化した使い方のイメージになります。

またシミ取りクリームの場合は、シミを取る以外にも、肌をきれいにする成分が配合されているので、美肌を作りながら、シミを取るというイメージなので顔全体への使用ができるということです。

 

シミ取りクリームのハイドロキノンの使い方は顔全体でも使え皮膚に漂白効果を実感できる

シミ取りクリームは、皮膚科で処方されるハイドロキノンクリームと、違い顔全体に利用することができます。

ハイドロキノンクリームの場合、シミ原因となる場所に対してピンポイントで塗ることが使い方とされています。

しかし、シミ取りクリームの場合、従来のシミ取りクリームよりも低刺激で副作用が少ないよう改良されているので顔全体に利用することができます。

さらに、肌に潤いを持たせる成分も配合されていて、アンチエイジングとしても利用することが可能です。

美肌作りをしながらシミ対策という方法としても使えるのでお勧めです。

ハイドロキノンは顔のシミにピンポイントで使う事を推奨している?

ハイドロキノンはシミに効果がある成分です。

シミ取りクリームは顔全体に対して効果があるのですが、「ハイドロキノン」という成分だけで考えると、シミ取りクリームと違い、シミの部分にだけハイドロキノンをぬるのが基本的な使い方になっています。

皮膚科で処方された成分は、市販されているシミ取りクリームと少し異なる部分があり、肌への刺激が強いこともありますので、注意がしてください。

市販のハイドロキノンは、改良されており低刺激で効果を実感できるようになっているのでより使いやすいく安全になっています。

同じ成分でも、違いがありますが、「Qusomeハイドロキノン」「新安定型ハイドロキノン」は改良されて成分となっています。

 

顔のシミ取りクリームの 口コミは何を信じるべき?

シミ取りクリームの口コミを見ると、良い口コミもあれば、悪い口コミもあったりと、どれが効果を実感できるのかと悩んでしまいます。

シミ取りクリームの購入を考えるのであれば、まずは成分が本当にシミに作用するのか判断してみると良いかと思います。

 

上記が美白成分でよく含まれているのですが、「ハイドロキノン」という美白成分が配合されていることを、大前提として考えてください。

このハイドロキノンは厚生労働省も効果を認めている成分ですので、おすすめです。

ハイドロキノンで刺激が強いのであれば、アブルチンを利用するなどしてください。

他の成分はハイドロキノンと一緒にシミ取りクリームに配合されていることが多いので、ぜひ成分をみて判断してみてください。

 

「シミ取りクリームの使い方」手のシミ取りクリームは専用の人気クリームを使おう

 

シミ取りクリームには人気の成分である「ハイドロキノン」「アルブチン」などが配合されていて、シミへの効果を実感することが出来ます。

しかし、これは前提として「顔」利用することが前提で作られています。

手のシミが気になる方が、シミ取りクリームを手に利用しても、効果がでるまで長時間かかります。

そのため、使うのであれば手のシミ取りクリームを専用に購入したほうが効果を得られるかと思います。

手の場合には、レチンAクリームのようなトレチノイン(ビタミンA誘導体)により表皮のターンオーバーを促進してあげることで次第にシミを表面に浮かしていくので、顔に使うシミ取りクリームよりも、手の専用シミ取りクリームの利用が好ましいかと思います。

 

「シミ取りクリーム 使い方」手の甲にハイドロキノンは即効性を実感できない?

 

シミ取りクリームの使い方として、手の甲のシミを取るために使いたいという方がいます。

シミ取りクリームにはハイドロキノンが配合されているのでシミには効果があるのですが、手の甲に対しては、あまり即効性を実感することは出来ないのが現状です。

手は顔の顔全体にできた顔のシミと違い皮膚が分厚いので、ハイドロキノンだけでは、肌の表面しか成分が行き届かず、十分な効果を得ることが出来ません。

本来なら、レーザーによる施術が、時間的にも治療にも適しているのですが、クリームとして利用するのであれば、「トレチノイン」と併用して利用することをおすすめします。

トレチノインは、肌のターンオーバーを早めるのでシミを表皮に浮かしていきます。

そのシミに対してハイドロキノンが効果を表すという2つの使い方が即効性が高いかと思います。

 

シミ取りクリーム使い方で唇の色素沈着に効果が?原因の治療におすすめなセルフケアを!

 

シミ取りクリームには、シミを取る成分である「ハイドロキノン」が配合されています。

シミ取りクリームは、唇のシミにも効果があるのでしょうか?

唇のシミの原因というのは、肌のシミである色素沈着と同じ原因「メラニン色素」です。

そのため、ハイドロキノンを利用することで効果があります。

ハイドロキノンを利用を続けることで唇のシミにも効果があります。

しかし、唇のシミの位置によっては、口に近いため、シミ取りクリームが剥がれてしまう事があります。

そのため、唇の中でも特に口の近くの場合にはシミ取りクリームは、適さないかと思います。

口に近い場合にはシミ取りレーザーを使用したほうが好ましいかと思います。

またおすすめなセルフケアとしてUVカットの口紅やリップクリームを使用することで紫外線や乾燥を防ぐことで、シミ対策をすることが出来ます。

シミは肌への刺激でできるのでセルフケアも忘れないようにしてください。

 

シミ取りクリームのハイドロキノンで脇のシミへの使い方への美白効果は?

 

シミ取りクリームを使うことで、顔などのシミを取ることが出来るのですが、シミは顔や手以外にもできます。

特に女性が気にする場所でもあるその場所が「脇の下」です。

脇の下のシミや黒ずみには、シミ取りクリームは効果的なのでしょうか?

脇の下に美白効果の高いハイドロキノンを使うことで、黒ずみを解消することが可能です。

しかし、注意点があり、脇の下は可動部であるため、ほかの部分よりも、肌が薄いということがあり、副作用が起こりやすい点があります。

利用する場合には、寝る前など1日1回程度にする方が低刺激でよいかと思います。

また、皮膚科などハイドロキノンよりも、ビーグレンやsibodyのような改良されたハイドロキノンのほうが、より肌に優しく低刺激で安心できるかと思います。

また汗をかく時期など、成分が落ちてしまったり、炎症を起こす原因になりかねませんので夜間、寝る前などの使用をおすすめします。

 

シミ取りクリームの使い方「ハイドロキノン」は腕への用途と効果あるのか?エイジングケアできる?

 

腕にできるシミが気になる方は、実はけっこう多いです。

それもそのはず!手や腕というのは年齢が出やすい場所でもあり、顔は化粧でごまかせても手や腕はごまかすことが難しいという点があるためです。

エイジングケアとして手や腕に力を入れている方も多いです。

さて、シミ取りクリームの使い方として腕への用途で効果はあるのでしょうか?

ハイドロキノンはメラニン色素を分解して除去する効果があるので、腕にも効果がありますが、肌が顔に比べても厚いため、効果が出るまで時間がかかります。

また紫外線対策や腕に陽が当たらないようにするなどの対策が必要となります。

そのため、シミ取りクリーム自体には効果はあるのですが、コスパ的に腕はあまりお勧めできません。

腕のシミが気になる場合には、レーザーを利用した方法が、費用は掛かりますが早く効果が実感できるので良いかと思います。

 

【シミ取りクリーム 使い方】 いつ塗るのが効果的?濃いシミを薄くするのは朝?夜?

 

シミ取りクリームはいつ塗るのが効果的なのか?基本的な使い方としては、お風呂上りなどにスキンケアが終わった後にシミ取りクリームを塗ることが効果的です。

シミ取りクリームに配合されるハイドロキノンは紫外線が当たると変化を起こして肌に炎症を起こすほか、シミの原因になったりシミを濃くする原因になります。

シミ取りクリームは、顔全体に使用するのですが、紫外線や副作用などにより赤みをおびることがあるので、肌が赤くなった場合は注意を控えるようにしてください。

注意点として、紫外線の下での利用は控えるようにしてください。

また濃いシミは、改善まで長い期間が必要となります。

夜だけでなく、朝使う場合には、日焼け止めクリームを利用して紫外線対策を徹底してください。

また1日2回の利用で肌に負担がかかる場合には使用を1回に減らすなど肌の状況を考慮してください。

 

ハイドロキノンを塗るタイミングは?

ハイドロキノン配合のシミ取りクリームを購入したけど、どのタイミングで塗ればいいのか?とついつい悩んでしまう事もあるかと思います。

お風呂上りなど、「化粧水・美容液・乳液」などスキンケアをしますが、どのタイミングでハイドロキノンを利用するべきなのでしょうか?

ハイドロキノンを利用するタイミングというのは、すべてスキンケアが終了した後で大丈夫です。

また日中の利用をする場合には、化粧をする前に使用をしてください。

注意点として、ハイドロキノンは紫外線を浴びると成分が変化してしまい肌の炎症を起こしてしまうので、必ず日焼け止めクリームを利用してください。

日焼け止めクリームも1日も何度か利用して紫外線対策を行ってください。

 

ハイドロキノンは寝る前に使うのが良い?

ハイドロキノンの使うのは寝る前が良いという方がたくさんいますが一体、どのような理由なのでしょうか?

ハイドロキノンというのは、「紫外線」を吸収する役割を持っています。

そのため紫外線の出ている日中に使用すると、紫外線を吸収してシミが濃くなってしまったり、新たにシミが出来る原因になってしまいます。

また肌に炎症が起こり肌が荒れてしまう事があります。

このような理由から、医師からもハイドロキノンの利用は基本的には、紫外線が当たらない条件下ということがあります。

寝る前に利用をするのは、紫外線が当たらないという点もありますが、就寝前に利用するということで、塗る習慣をつけることと、塗り忘れる事がないようにするためです。

また、朝、洗顔してハイドロキノンを洗い流す必要もあるので、効率的に就寝前につけると楽だと言うことです。

 

【シミ取りクリーム 使い方】 ハイドロキノンを使い続けると顔中への美白効果は?

 

シミ取りクリームの使い方として、いつまで使い続ければいいのか?ちょっときになりますよね。

成分でもあるハイドロキノンを使い続けるとどのような美白効果が得られるのでしょうか?

シミ取りクリームには、シミ取り成分であるハイドロキノンのほか、美白成分もたくさん配合されています。

そのため、シミ取りクリームを使い続けることで、肌がきめ細やかになって、肌がきれいになります。

また、シミが薄くなり、肌のトーンが明かるくなるといった効果を得ることが出来ます。

さらに、ハイドロキノンはシミ原因であるメラニン色素を作る酵素の働きを抑制する役割も持っています。

そのため、使い続けることで、シミ出来にくい肌を作ることが出来るので美白はもちろんシミができにくい肌を作ることが出来ます。

シミ取りクリームを使い続けると、このような多くのメリットがあります。

美容レーザーなどでは、シミを取ることが出来ても根本の予防や対策をすることが出来ないのでぜひシミ取りクリームを使い続けてください。

また、肌に赤みが出ている方が使い続けると、肌の炎症が起こることがあるので、赤みやかゆみ、痛みがある方は使用を控えるようにしてください。

 

【シミ取りクリームの使い方】ハイドロキノンを塗る期間と効果は?

 

シミ取りクリームの成分は肌の漂白剤「ハイドロキノン」が一番シミへの効果が高いです。

しかし、使い方として、ハイドロキノンの塗る期間や効果が出るまでの期間はどらぐらいなのか?目安があるとわかりやすくて良いですね。

ハイドロキノンの塗る期間は、3~6ヶ月ほどは考えるようにしてください。

肌への相性や、シミの薄さ、濃さ、また大きさにより効果が実感出来るまで時間が異なる事が有るためです。

まれに1週間などで効果がでる場合もありますが、個人差があります。

ハイドロキノンは特に、色素沈着という茶色のシミに効果があります。

また1日1回使うのか2回使うのかによっても効果が異なるかと思います。

基本的には夜間紫外線が少ない時間の利用が好ましいです。

日中使用する場合には、日焼け止めクリームを必ず使用して紫外線対策を行うようにしてください。

 

【シミ取りクリーム 使い方】手作りカソーダでシミ・イボ・ほくろがかさぶたに!?

 

シミ取りクリームを手作りで作るのに、「カソーダ」というものがあります。

作り方はかんたんで、「ひまし油」と「重曹」を混ぜるだけです。

ドンキーホーテやネットショップでも購入することが出来るので気軽に利用できます。

カソーダは、刺激がものすごく強く痛みを伴います。

使用することで、ほくろなどかさぶたのように剥がれ落ちます。

イボやほくろでは、効果はようですが、シミやそばかすに対しては、効果を見込む事は難しいかと思います。

むしろ肌を傷めてしまい、症状が悪化してしまうことも有ります。

カソーダは使い方は簡単ではありますが、シミが気になるので有れば「シミ取りクリーム」をおすすめします。

メーカーでは、シミを取りながら美白が出来るクリームを開発しており、低刺激で利用出来て、安全に使えるようになっています。

安い方がいいという口コミもありますが、どうせなら「シミ取り」+「美肌」でトータルでコスパの高いものをおすすめします。

 

【シミ取りクリーム使い方】ハイドロキノンの手作りコスメの注意点とコスパによる選び方

 

シミを取りたいという思いの方は多いです。

また同様に、安くシミを取りたいという方も多いです。

美容レーザーなどで処置したいけど、お金がかかるからなかなか出来ないと言うのが本音です。

そこで、シミに効果があるハイドロキノンを手作りコスメとして作って安くシミを取ろうという考えになるかと思いますが思わぬ注意点がありますので注意が必要です。

手作りでハイドロキノンを作るのは確かにコスパは良いのですが、その分使う際にリスクが伴うということを理解する必要があります。

 

ハイドロキノンは手作りクリームとして使うことができるのか?

シミ取りクリームの成分としても人気のハイドロキノンですが、価格や保管出来る期間や皮膚科に取りに行くなどの事を考えると自分で作って使いたいと思う方もいます。

ハイドロキノン自体のつくりかたは、そんなに難しくは有りません。

  • 精製水
  • ハイドロキノン原料
  • クエン酸

上記3つが有れば作る事が可能です。

 

安く作ることができるし、ハイドロキノンは日持ちしないので、少量を何度も作る方が効果的というメリットが有りますが、逆にデメリットも有ります。

デメリットとして、ハイドロキノンの刺激が強すぎる事が有ると言うことです。

ハイドロキノンは厚生労働省も認める効果で、4%以上の高濃度の取扱には皮膚科など医師の所見が必要です。

一般的な化粧品では2%までと制限が設けられています。

個人で作る場合に、濃度調整の問題が曖昧になることがあり、超高濃度になり、肌への強い影響が出るおそれが有ります。場合によっては取り返しがつかないこともあり得ます。

コスパや肌への影響を考えると「Qusomeハイドロキノン」「新安定型ハイドロキノン」配合のシミ取りクリームがよいかと思います。

この改良型ハイドロキノンは、低刺激でシミへの効果がそのままでありながら、美肌を作る成分も配合しているので、ハイドロキノンを作るよりも肌へよい効果がたくさんあるのでおすすめです。

 

ハイドロキノンを薄める事で刺激が減る?

ハイドロキノンというのは、シミへの効果が高い反面としては、肌への刺激が強いです。

そのため、敏感肌の人だと、塗った翌日もしくは数日経過したら肌が赤く腫れる事が有ります。

これがハイドロキノンの刺激の強さです。

中には、ハイドロキノンを化粧水や美容液とで薄めるという使い方をされる方もいますが、刺激は多少変化は有るかもしれませんが、シミ消しの効果は大きく減少してしまう事になるかと思います。

ハイドロキノンをお使いになる前に、まず手や、顔の一部に薄く少量を塗ってパッチテストを行って自分の肌に合うか試して見ると良いかと思います。

また各メーカでは、「Qusomeハイドロキノン」「新安定型ハイドロキノン」という低刺激のハイドロキノンが作られているので、始めに改良されたハイドロキノンを利用することで低刺激で効果を実感できるのでおすすめします。

 

シミ取りクリームの使い方はラップで保湿されニキビケアにより美肌へ!

 

シミ取りクリームを使うことで、シミが取れるのは当然ですが、より効果を高める為に、どのような方法があるのか?

自宅で出来るスキンケアとして、話題になっている方法を説明していきたいと思います。

そのほうほうが、「ラップ」を使用したスキンケア方法です。

ラップの使い方は、とても簡単です。

 

  1. お風呂上がりに、「化粧水」肌の水分補給を行います。
  2. ラップを顔に貼り付けて10分放置します。
  3. ラップを剥がして「美容液、乳液」をつけます。

 

とっても簡単で、肌質が変わるという事で、一部で話題になっている簡単スキンケアです。

メカニズムとしては、ラップを顔に付けることで真空状態で、より奥に成分が浸透するのでは?と言われています。

ニキビケアが出来るという情報も有りますが、ニキビの原因によっては、炎症が起こったり細菌の繁殖の原因になりかねませんので、あまりおすすめ出来ません。

シミ取りクリームとの相性については、ラップパックをしている時は、使用をしても意味がなく、逆に肌の状態を悪くするおそれが有るので控えるようにしてください。